ITエンジニアが年収アップするためにすべきこと


ITエンジニアの平均年収は?

ITエンジニアの平均年収は、それぞれの勤務先の勤務条件やスキルの高さなどに左右されることがありますが、おおむね500万円から1000万円程度となっています。
特に、長年にわたる経験がある人は、スキルアップの機会が恵まれていることが大きなポイントとして挙げられます。

近頃は、ITエンジニアの働き方について、多方面の媒体で取り上げられることが増えており、少しでも仕事の内容を知りたい時には、就職説明会やセミナーなどに足を運ぶことがオススメできます。
人気の高いITエンジニアの求人の見極め方に関しては、初心者にとって、分かりにくいところがあるため、常日ごろから経験者のアドバイスを参考にすることが良いでしょう。
もしも、収入額の高さに注目をしながら転職活動をしたい時には、ITエンジニアの資格を取得することがとても有効です。

その他、なるべく早いうちに研修制度の内容が充実している企業の特徴を理解することが肝心です。

ITエンジニアは職種によって年収が違うの?

ITエンジニアは技術職ということもあり、当然スキルや業務内容によって年収も変わってきます。一般的なプログラマやシステムの設計などにも関わるシステムエンジニアなど様々です。ITエンジニアの職種別で最も年収が高いといわれるのはITコンサルタントと呼ばれる人たちです。

ITコンサルタントとは、システムの設計・企画から開発の様々な部分に関わり、クライアントの抱える問題を解決するため、システム開発の全体をマネジメントします。

ITコンサルタントの平均年収は、700万円から1000万円ほどになるといわれています。一般的なプログラマやシステムエンジニアの場合は、平均300万円から400万円ほどと言われており、やはり差がつくようです。NPO法人「ITスキル研究フォーラム」によるITエンジニアを対象とした調査では、ITコンサルタントが平均713万円と最も高く、次いでプロジェクトマネジメントが585万円、ITアーキテクトが536万円となります。

ITエンジニアが年収アップするためにすべきこと

ITエンジニアは、システムを構築したり、メンテナンスをして維持したり、新しいソフトウェアを開発したりというように業種や職種によって、行う仕事が大きく変わってきます。

ITエンジニアが年収を上げる為に行う事としては、職種に応じた経験を積み、会社を渡り歩く事です。
そして、チームを纏めるリーダーや管理職などへとなっていく事で、組織を管理する能力が求められます。

組織を管理する能力は、どの企業でも重視しますので、年収アップには欠かせない要素となっています。
ITエンジニアは、業務分野によっても年収に違いがあります。
ネットワークエンジニアやインフラ系のエンジニア、プログラマーやシステムエンジニアが主なITエンジニアですが、Web系でフロント部分の開発に近い事を行なっているエンジニアは、他のエンジニアよりも百万円以上違いが生じる事があります。

給料を重視したい場合には、インフラ系のエンジニアや基幹システムの開発・メンテナンスを行うエンジニアを選ぶのが有効です。

また会社によって年収レンジは変わってきます。より年収が高い求人を探すなら、ハロワや転職サイトではなく転職エージェントの活用が必須です。

20代のITエンジニアの年収は?

20代のITエンジニアの年収は、他の業種とあまり変わりがないようです。20代前半と、20代後半ではかなり年収に差がついています。ITエンジニアという職業は、実務経験が重要になる職業です。実力に差が出る仕事であり、同じプログラマーでも、人によって2倍以上も作業スピードが異なるようです。

スキルが身についていないうちは、会社から教育してもらうことのほうが多いかもしれません。給料に見合った仕事ができるようになるには、入社してから数年後になるでしょう。そのため、専門職とはいっても、20代のうちは平均的な給料になっているようです。

早い段階でシステムエンジニアになれると、給料はそれなりのものになります。20代の人でも、実力がある人は高い収入が得られる職業です。一般的には、システムエンジニアとして10年くらいは経験を積まないと、さらに上級の職業にはキャリアアップができないようです。実務経験を積みながら、スキルを磨いていくことが重要になります。

アメリカのITエンジニアの年収は?

転職先として海外企業を選択する方も増えてきた昨今。IT業界も例外ではありません。シリコンバレーなど先進的なIT系企業が多く存在するアメリカ。実際のところ、アメリカのITエンジニアはどれほどの年収を手にしているのでしょうか。

まずは日本のITエンジニアの年収ですが、440万円が平均値です。ではアメリカはというと、なんと898万円とほぼ倍。その背景には、日本と違った採用条件がありました。日本では特にエンジニアになるための学歴規定は設けられていません。しかしアメリカでは情報系の学部卒で、博士号や修士号を取得するのが一般的。それだけコストと時間をかけているんですね。

限られた人間しか築くことができない専門職。それゆえに年収が高い、というわけなんです。能力主義のアメリカ、まだ会社という組織に頼る文化のある日本と比べ、正社員であっても実力のみで生き残っていかなければなりません。物価や文化の違い、総合的に考えて海外への転職を検討していきたいですね。